便が出なくなる理由とは!

便秘の原因は様々あり、ストレス、食べ過ぎ、食物繊維の不足、運動不足、睡眠不足、肉の食べ過ぎなどが挙げられます。

 

しかし直接的に便が出なくなる理由は大腸の「蠕動運動(ぜんどううんどう)」が弱まっているからなのです。

蠕動運動とは一日に数回腸の端から端までが波打って動き、腸内に残っている便を体外に排出させる動きです。

 

これが便を出す仕組みであり、この動きが弱まるといくら腹部に筋肉で力を入れても便は出ないのです。

 

この蠕動運動に深く関わっているのが「腸内細菌」です。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌があり、それぞれの役割があるのですが、この二つは常に拮抗状態にあり、平たく言えば陣地取りをし合っています。

 

善玉菌が活発なときは悪玉菌が弱まり、悪玉菌が強まれば善玉菌が弱まります。

この善玉菌は先ほどの蠕動運動を促す性質を持っており、善玉菌が弱まってくると正常に蠕動運動をしなくなります。

これが便秘の原因の一つになっています。

 

善玉菌を活性化させる方法は肉や砂糖類を控える事でも効果はありますが、即効性があるのは「オリゴ糖」を摂取する事です。

 

最近腸内環境を整える事で注目されているオリゴ糖は善玉細菌のエサなのです。

オリゴ糖はゴボウやネギなどの食物からも摂取できますが、いずれも微量しか含有されておらず、精製して効果を強めたものを摂るほうが効率よく摂取する事が出来ます。

 

オリゴ糖をしっかり摂り、腸内環境を善玉菌優位にし、蠕動運動を活性化させる事で便秘が解消されるメカニズムなのです。

腸は人間のデトックス機能の6割を担っていますので、便秘の解消は健康、美容には欠かせない条件なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ