check_green01オリゴ糖で期待できる2つの効果

037

オリゴ糖は、近年腸内環境を改善し便秘解消に効果があるとして注目を集めている栄養素です。

ブドウ糖や果糖といった糖類が複数、結合して出来たもので、約20種類ほどのオリゴ糖が存在しています。

オリゴ糖の種類によってその効果も少しずつ異なるのですが、以下ではどのオリゴ糖にも期待できる効果について詳しく見ていきたいと思います。


point1腸内環境正常化

オリゴ糖の最大の効果として有名なのが腸内環境の正常化です。

オリゴ糖は、腸内に入るとビフィズス菌など腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の増加や活性化に繋がることから結果として腸内環境の正常化も図られるという仕組みです。

オリゴ糖を摂取し善玉菌を増やして腸内環境の改善や正常化が図られれば、食べ物の消化や吸収がしっかりと行われるようになり、便秘の解消にもつながります。


point2美容効果

腸は便秘だけでなく身体全体の調子を整えるために大切な役割を果たしている器官です。

美容への影響も大きいとされており、腸内環境が悪化すると肌荒れやニキビなどのトラブルが起きやすくなることでも知られています。

逆に腸内環境が改善されれば、それだけお肌の調子も良くなるため、美容を目指しているという女性も腸の調子には日頃から注意しておくことが重要です。

こうした健康や美容に効果の高いオリゴ糖ですが、一体どんな食事を取ったらいいの?という方も多いでしょう。

オリゴ糖が多く含まれている食品には、大豆やにんにく、ハチミツ、ゴボウなどが挙げられます。
また、サプリメントからの摂取も有効ですので、いろいろな商品を調べてみるのも良いでしょう。

li610_02

カイテキオリゴは凄く良いですcheck_green01

025

ori

私が始めてオリゴ糖を知ったのは、ある女性週刊誌の便秘特集でした。
腸内のビフィズス菌増やし、おなかの調子を良くしてくれると書いてありました。

オリゴ糖なら、私の頑固な便秘も治るかもしれない」と思い、早速使ってみることにしました。

購入したのは、北の快適工房の「カイテキオリゴ」と言う商品です。
お砂糖のようにサラッとした粉末の品です。
ティースプーンでひと口舐めてみたところ、クセも無くまろやかな甘さで、とても美味しいと思いました。

食べ方は、ヨーグルトの中に入れたり、牛乳の中に入れたり、青汁の中に入れて飲みました。
他にも色んな料理にも使えるところが良いですね。

便秘は本当につらいものです。
臭いおならは出るし、おなかは痛くなるし、気分も悪くなり良い事なんて何もありません。
それに大便を出す時に硬くて出にくく、とても苦しいのです。

トイレに入っても出ないので、いったん切り上げます。
そしてまた入っては出てを繰り返し、トイレに半日ががりなんてザラでした。

夕食後にカイテキオリゴを取るようにしてからは、次第におなかの調子が良くなりました。
翌朝必ず便意を催すようになり、トイレに行くと練り歯磨き粉のような軟らかさの大便が、気持ちよく出るようになったのです。

わずかな力みで朝の排便が終了し、気分は開放に向かいました。
もちろん日々の体調によって大便が硬い時は、量を増やします。

私はカイテキオリゴを摂取してからトイレ時間が短くなりました。
おかげさまで、あの不愉症状から解放されて、とても快適に過ごしています。


yajirusi31_orgカイテキオリゴはこちらからお買い求めいただけます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ